海外FXのNDD方式(STP方式・ECN方式)とDD方式の違いを解説

「海外FXのNDD方式(STP方式・ECN方式)とDD方式の違いを解説」のアイキャッチ画像

海外FXの取引方式にはNDD方式とDD方式と呼ばれる2つの方式が存在します。NDD方式はさらに細かくわけることができ、STP方式とECN方式に分けられます。これだけ細かい取引方法があると、「どのような方式の口座でトレードしたらよいのかよくわからない」という人もいるかもしれません。

ここでは、海外FXのNDD方式について、さらに細かいSTP方式/ECN方式についても詳しく見ていきます。さらにはDD方式との違いについても確認していきましょう。

NDD方式とは?

NDD方式とは

NDD(No Dealing Desk)方式とは、FX取引(外国為替取引)において注文をリクイディティプロバイダー(銀行や金融機関)に送る取引手法を言います。このNDD方式導入により、トレーダーはディーリングデスクを介することなく、透明性が高く狭スプレッドの市場環境で取引を行うことが可能となります。

NDD方式を利用したFX業者は、透明性を向上させることで価格操作のリスクを低減させて取引コストを削減、ディーリングデスクを介さないことで取引注文の執行速度が向上し、FX業者と顧客間の利益相反の可能性が低くなります。一般的にNDD方式を採用するFX業者は約定力が高いことが挙げられます。約定力が高いと自分の希望の価格で注文ができること、スリッページが起きにくいなどのメリットがあります。

NDD方式にはSTP方式とECN方式がある

NDD方式を細かく分けるとSTP(Straight Through Processing)方式とECN(Electronic Communication Network)方式の2つのタイプがあります。

STP方式とは?

まずSTP方式ですが、FX取引においてトレーダーからの注文をリクイディティプロバイダーに転送し、最適な価格で即時執行する仲介手法を言います。この方式を取ることでディーリングデスクを介在させずに注文が処理されるため、取引透明性が高まりトレーダーはより公平な取引環境を享受することができます。

STP方式を取ることで、狭スプレッドの取引が実行できたり、執行速度の向上が期待できたり、さらにはトレーダーの取引コストが削減されます。また、ブローカーが顧客の取引に介入しないため、利益相反のリスクが低減します。

一方でNDD方式にはデメリットも存在します。たとえば固定スプレッドではないため、市場のボラティリティが高い時にはスプレッドが大きく広がる可能性があること、またECNでは取引量が少ない時間帯に流動性が低下することがあります。

ECN方式とは?

ECN方式とは、FX取引において、トレーダーや銀行、金融機関などが直接取引を行える電子的なネットワークシステムのこと。このシステムでは、参加者間での注文がリアルタイムでマッチングされ、トレーダーは市場に直接アクセスし、他のトレーダーと直接取引を行うことが可能になります。

ECN方式の大きな特徴は、その透明性と公平性にあります。取引情報がネットワーク上で公開されるため、全ての参加者が同じ条件下で取引を行うことができ、価格操作や不公平な取引のリスクが大きく軽減されます。またECN方式ではトレーダーが提供する価格で即座に取引成立となるため、狭いスプレッドで取引が可能となりますが、市場の状況によってはスプレッドが広がるケースもあります。

さらにECN方式では、匿名性を保ちながら取引を行えるため、他の参加者に対して自身の取引戦略を公開しなくて済みます。これによって、特に大量の取引を行う機関投資家などにとって有利な環境が提供されます。

ECN方式のデメリットとしては、利用するには通常取引ごとに手数料がかかるため、小規模な取引にはコストが高くつく可能性が高いです。また、取引量が少ない時間帯では流動性が低下することもあり、注文執行に影響が出る場合があります。

DD方式とは?

DD方式とは

DD方式とは、FX取引でFX業者が顧客の注文を内部的に処理する手法のことを言います。このDD方式において、FX業者は市場メーカーの役割を担い、自社のディーリングデスクを通じて顧客からの買い注文と売り注文をマッチングさせるか自社のポジションを使用して注文を執行します。ブローカーが独自の価格を設定し、固定スプレッドを提供するため、トレーダーは取引コストを事前に把握しやすく、市場の為替変動が少ない環境や小規模な取引に適しています。

DD方式のデメリットとしては、FX業者とレーダーとの間で利益相反の状況が生じる可能性が高く、市場の流動性や価格変動に関係なくFX業者が価格をコントロールするため、希望通りの価格で注文できないことが往々にしてあります。経済指標発表時や要人の発言によって生じる市場の急激な価格変動時には、リクオートやスリッページが発生しやすく不利な取引となる可能性があります。場合によってはロスカットを強いられ口座資金を大幅に失ってしまうこともあるでしょう。

また、DD方式を採用しているFX業者はノミ行為を働いてもわからないので、悪質な業者である可能性が高いとも言われています。DD方式を採用するFX業者を利用する場合、トレーダーは自身の取引スタイルやニーズに合った信頼できるブローカーを慎重に選ぶ必要があります。

BigBossはNDD方式を採用している海外FX業者

BigBoss最大2222倍

海外FX のBigBossは、Big Boss Holdings Company Limitedがブランドオーナー、サイト運営はPrime Point LLCが行っています。セントビンセントグレナディーンに拠点を持つBigBossですが、最大レバレッジは1,111倍、「スタンダード口座」「プロスプレッド口座」、仮想通貨取引所「CRYPTOS口座」が主な口座です。ここに2024年2月「デラックス口座」最大レバレッジは2,222倍が期間限定で加わりました。

スタンダード口座の注文方式は「NDD STP方式」、プロスプレッド口座は「NDD STP・ECN方式」、デラックス口座は「NDD STP方式」となっています。

海外FX業者の多くはNDD方式を採用しており、DD方式を探すほうがある意味難しいといえます。

NDD方式とDD方式どちらを選ぶのがベスト?

ここまで紹介したNDD方式とDD方式、実際にどちらを選ぶのが得策なのでしょう?NDD方式は約定力の高さ、取引の透明性が高いことが挙げられ、DD方式は、コストの安さ、スプレッドの狭さが特徴です。この2つの方式は結果的に相反した特徴を持っているため、どちらかを選べば反対側のメリットを享受できないというデメリットが生じます。

では、海外FXが初めての方の場合、どちらを選べばよいかというと「NDD方式のFX業者」です。NDD方式であればスプレッドが多少広いとはいえ、透明性が高いトレードを実行できますので、倒産リスクも低くなりますし、なにより希望の価格で約定しやすく利益を出しやすくなります。

BigBoss以外のNDD方式の海外FX業者一覧

BigBoss以外

NDD方式を採用している主要な海外FX業者には次のようなところがあります。

BigBoss以外のNDD方式を採用している海外FX業者

・AXIORY
・exness
・FBS
・FXGT
・HFM
・LAND-FX
・ThreeTrader
・TITANFX
・Tradeview
・XM Trading

NDD方式であるかどうかを確認する方法としては、各海外FX業者の日本語公式サイト口座タイプを見ると確認できることがあります。たとえば、BigBossの場合「BigBossお取引口座の種類・比較」から確認することができます。一方でDD方式の場合、公式サイトに記載されていないことが多い為、NDD方式を採用している海外FX業者で口座開設を考えている場合は、確実にNDD方式だとわかっているところで開設するのが安心です。たまにブログサイトなどを参考にする方もいらっしゃいますが、情報確度を確認した上で口座開設に臨むようにしましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です